• 家頭 恵

過払い金があるかも…何から始めればいいの?

 「過去にキャッシング取引をしていた。過払い金返還請求をしたいがどうしていいかわからない。…でもどうすればいいのか?」という方に向けた記事です。

 過払い金返還請求をしたい時は、まず法律事務所に相談するのが一番です。電話かメールで問い合わせれば、過払い金発生の可能性を教えてくれます。法律事務所では、以下の点から過払い金発生の可能性を判断しています。


  1.  取引のスタート時機  平成19年以降の場合は発生していない場合がほとんどですが、逆に平成18年以前ならほぼ発生しています。

  2.  取引の内容  現金を借りるキャッシングであれば過払い金が発生している可能性が高いです。ショッピング取引の場合には、過払い金は発生していません。

  3.  取引相手の業者名  消費者金融、クレジットカード会社ではほぼすべての取引で過払いが発生しています。銀行から直接借入をしている取引では発生していません。


 また、すでに取引を完済している場合、過払い金がある可能性が高ければ、すぐに相談・依頼をすべきです。なぜなら、過払い金の時効の問題があるためです。


 相談に際して準備すべき資料ですが、実はありません。一切の資料が無くても、過払い金返還請求は可能なのです。上記のように、キャッシング取引を完済した会社名さえわかれば請求可能です。各業者は、取引情報について、名前・生年月日・住所で確認しているため、それさえわかれば取引を特定できますので、資料を集めるよりもまずは相談です。


 とはいえ、「業者との契約書」や「返済時のATM明細」等があると、取引開始時期、利息等が推測できます。また、記憶違いも防げますので、上記の資料がもしあれば持参すべきでしょう。なお、完済してから引っ越している場合には、契約時に業者に登録されていた住所を確認する必要があります。住所を忘れている場合には、免許証番号を求められる場合があります。

 完済していない場合でも、弁護士事務所に相談すれば過払い金が発生する可能性をだいたい教えてくれるので、まずは相談すると良いでしょう。その上で、履歴を取寄せれば過払いがどの程度発生しているかがわかります。弁護士の方で履歴だけ取り寄せることも可能です。履歴を取り寄せただけでは、信用情報に影響はありません。履歴を取り寄せて過払いになっていれば請求し、もしなっていなければ完済後に請求するのが通常です。


 以上のように、過払い金の請求を考えているならまずは法律事務所に問い合わせて、相談するのが一番です。当事務所では夜間・土日の相談も受け付けておりますので、いつでも気軽にお電話またはメールにてお問合せください。



12回の閲覧0件のコメント