船橋リバティ法律事務所

047-401-3150

4472272_m.jpg

個人再生

White  Flower

個人再生とは

個人再生(小規模個人再生)とは、原則3年間の返済計画をたてることで、総債務額を10~20%程度(最低100万円)に減額する法的救済手続です。

免責を得れば借金がゼロになる破産と異なり、一部を返済する必要があるので、定期的かつ安定した収入が将来的に見込めることが条件となります。その分、他の条件は自己破産よりも緩やかになっています。

具体的には以下の特徴があります。

1 住宅ローン特則

ローン中のマイホームを手放すことなく債務整理を行えます。

3 資格制限がない

破産ならば資格を失う警備員や保険募集人でも、資格制限を受けることがありません。
 

他方で、返済できるだけの収入状況も必要ですので、上記の特徴にメリットのある方が選択すべき方法といえます。

個人再生の流れ

は依頼者様にご協力頂きますが、その他は全て当事務所にお任せください。
※個人再生の手続終了後は、裁判所の監視・監督はありません。

都市住宅団地

最低弁済額

個々の事情にもよりますが、3年間の総返済額は法で定める最低弁済額(法231条2項4号)に近いものとなります。

具体的には以下の通りです。

住宅ローン特則

自宅を購入し、住宅ローンを組む際には抵当権をつけることがほとんどです。この場合に住宅ローンの返済が滞ると、抵当権を実行され自宅を失ってしまうことになります。
この抵当権の実行を防ぎ、自宅を手元に残して、生活の基盤を維持したまま、再生を図るのが住宅ローン特則です。
 

その内容は、住宅ローン残額については減額せず、支払い方法を繰り延べるものであり、その繰り延べ方により下記のパターンに分かれます。

1 原契約の通り

ローンの支払いが遅れていない場合にはそのまま支払い続けて手続きを進めることができます。

3 弁済期間延長型

2での返済が困難な場合、住宅ローンの返済期間を最長10年間延長することができます。
※最終弁済時に申立人が70歳を超えていてはいけません。

4 元本先送り型

3での返済が困難な場合、再生計画に応じた返済期間中(原則3年)は、住宅ローンの一部のみの返済でよいとすることができます。
※あくまで返済時期の先送りであって、減額ではありません。

5 住宅ローン債権者の同意型

住宅ローン債権者の同意を得れば、上記以外の内容(10年以上の返済期間の延長など)を定めることもできます。

よくあるご質問

Q. 個人再生は、どのような人が利用可能ですか?


A. 一定の収入があり月々の返済が可能な上で生活もまかなえる方です。 自己破産のような免責不許可事由(浪費やギャンブルなどによる借金)がある場合でも大丈夫です。




Q. 計画通り返済できなかった場合はどうなるんですか?


A. 減額された債務を4分の3以上返済していた場合、申立により免責を受けることができる場合があります。 上記に該当しない場合、破産手続への移行をおすすめしています。




Q. 個人再生は、自己破産と何が違うんですか?


A. 自己破産は免責を受ければ借金がなくなりますが、個人再生は債務を減額した上で3年間支払いをしていきます。 個人再生では借金が大幅に減額されますが、自己破産のように借金が全部なくなることはありません。最低3年間は決められた金額を返していく必要があります。自己破産の場合の免責不許可事由(浪費やギャンブルなどによる借金)がある場合も、個人再生では問題ありません。自己破産ですと家などの財産は手放さなければなりませんが、個人再生なら住宅ローン特則を利用しマイホームを守れます。また、自己破産のように資格を制限(生命保険募集員、警備員など)されません。




Q. 滞納した税金も減額されますか?


A. 社会保険、国民保険料などの税金は減額されませんので、未納分がある場合は返済する必要があります。 ※市役所で相談すれば分割払いに応じていただけます。





再生紙

小規模個人再生にかかる費用

​相談料

無料

着手金

250,000円

報酬金

200,000円

​(住宅資金特別条項を付ける場合は50,000~100,000円を加算)

経費

日当 1出廷につき5,000円

月額30,000円からの分割払いにご対応いたします。

注1:別途消費税が加算されます。

注2:収入印紙代・郵便切手代・謄写料等の必要経費として、事案に応じて3~5万円程度を預り金とさせていただいております。

初回相談無料

お気軽にお問い合わせください

0120-316-027

【受付時間】平日9:00~19:00

お問い合わせは24時間受付中!

​メールでのお問い合わせはこちら

ホーム

挨拶・事務所概要

コラム

費用

アクセス

​相談予約

業務内容

積務整理

過払金 返還請求

相続問題

遺産分割

遺言書作成お手伝い

業務内容

離婚・親権相談

交通事故

残業代請求

解雇問題

​企業法務

船橋リバティ法律事務所

(c)2010-2020 弁護士法人やがしら 船橋リバティ法律事務所 All Rights Reserved.