相続問題

相続開始から3ヶ月経過している場合にはできない?

 相続放棄は「相続開始から3ヶ月経過している場合にはできない」と勘違いされている方もいます。しかし民法の条文上では「相続の開始があったことを知った時」から3か月となっています。

 実際に家庭裁判所における運用は、相続人が債務の存在を知った時を「相続の開始があったことを知った時」と解釈していることから、相続人が債務の存在を知らなければ、いつでも相続放棄を行うことができます。

 以下は実際に当事務所にご相談いただいた方が、相続人の死亡から3か月以上経過したにもかかわらず、相続放棄を承認された事例です(依頼者のプライバシー保護の観点から、一部内容の抽象化等を行っております)。

 ※ただし、いずれの事案についても、債権者から相続放棄の無効を主張された場合には、放棄が認められない可能性もあります。ただ、実際に無効が主張される可能性はかなり低いです。

船橋リバティ法律事務所の特徴

速やかな着手と相続放棄

依頼の翌営業日までに手続きに着手します。戸籍の収集などに時間がかかる場合には、すぐに相続放棄の申し立てをします。

弁護士に依頼して安心!

相続人全員の放棄が可能

相続放棄した場合、次順位の相続人も放棄する必要があります。当事務所では、次順位の相続人の方にも相続放棄のご案内をしております。ご依頼者の方から直接ではなく、弁護士自らご説明させていただきます。

相談料無料・明確な費用

相続放棄に関する相談は無料。​その後、必要な費用は全て契約書に記載します。

相続放棄までの手続きについて

電話やメールで相談予約ができます。お気軽にお問い合わせください。

弁護士より相続放棄のメリット・デメリット等をご説明いたします。ご相談だけで、依頼しないことも可能です。

​ご相談の際には除籍謄本等があると手続きがスムーズですが、全ての資料収集から弁護士に依頼することも可能です。

ご依頼いただければ、原則として、全ての手続きを弁護士が行います。

​費用 (いずれも税別)

​相談料

​無料

​手数料

【相続放棄手続

被相続人死亡から

(1) 3ヶ月以内に相続放棄できる場合:6万円

(2) 3ヶ月経過している場合:10万円

※ 2人目以降の場合:次順位相続人について5万円

実費

戸籍の取得費用として、1〜2万円程度かかります。

(c)2010-2020 弁護士法人やがしら 船橋リバティ法律事務所 All Rights Reserved.
代表弁護士 家頭 恵