top of page
  • 家頭 恵

弁護士への依頼から完了まで「自己破産」にかかる期間は?

債務整理について、弁護士に依頼してから終わるまで、どの程度の期間がかかるのでしょうか?


結論としてはケースごとであり、3か月で終わる場合もあれば、なんと3年以上もかかってしまう場合もあります。ただこれは、いずれも極端な例であり、この記事内では、標準的な期間を紹介します。

今回は「自己破産」の場合をご紹介致します。ぜひ参考にしてください。


▼自己破産の標準的なスケジュール


弁護士に依頼をすると、その時から借入金の支払を停止することができます。その上で、生活を再建してもらうことになります。


受任した弁護士は、裁判所に対して申立の準備をします。


申立の準備期間ですが、最短は2か月程度です。ただし、弁護士費用の積立をいただいてからの申立になります。費用の分割払い状況によっては、申立までに3年ほどかかるケースもあります(弁護士費用は分割払いでも問題はありません)。

申立準備が完了した後、申立をします。

申立後、裁判所で受理されて開始決定が出るまで、裁判所の対応によりますが、1か月程度かかります。


開始決定が出た後、免責される決定が出るまでは、2~3カ月程度かかります。


申立をしてから手続が終結するまでは、4か月程度が標準的な期間ですが、管財事件の場合には1年程度かかる場合もあります。

当事務所では、個人の自己破産費用として着手金・報酬あわせて36万5,000円でご案内しております。これを一括でお支払できる場合には手続もすぐ着手し、裁判所に申立をします。もちろん、分割払いも可能ですのでご安心ください。


当事務所では、ご相談者様のさまざまなケースに応じて最適な解決策をご案内いたします。初回相談は無料ですので、気になることがある方はお気軽にご相談ください。




▼関連記事


閲覧数:9回
bottom of page